日本のデンマーク


今日は地元の観光スポットをチェック。


安城1920年代に農業で先進的な取り組みをしていたために
農業先進国であったデンマークにたとえて
「日本のデンマーク」と呼ばれていたらしい。


その関係で
観光的にはあまり取り柄のなさそうな(失礼)安城には
デンパーク」と呼ばれるテーマパークっぽい公園がある。
(道の駅も併設)
今では「日本のデンマーク」なんて言われても
まったくイメージがわかないのだが......


デンパークは安城市郊外の田園地帯にある「花と緑の公園」で、
思ったよりもしっかりした作りになっており
遊技施設や物産店なども充実していて
派手なアトラクションはないものの
家族連れが何度来ても楽しめそうな場所である。
(年間パスポートを買えば良かったと後悔)



安城和牛のハンバーグを使った「デンバーガー」が
肉の味がしっかり伝わる作りで美味しかった。
(写真はデンバーガーと風車)


園内は静かで、風が涼しくて、花が咲き乱れていて
細かいところに北欧デザインがちりばめられている。


昨日からホタルを見るイベントが始まったようだ。
野生のホタルなんて、まだ一度も見たことがないので
今度は夜に来てみようかと思うのだが
やはり年間パスポートを買っておけば良かった......
(入場料は600円で年間パスポートは2,400円)